【AddQuicktagの設定方法と使い方】反映されない時の対処法

ワードプレスを使ってブログを書くときに、AddQuicktagというプラグインを使えば、簡単にタグを呼び出すことができます。

いちいちHTMLタグを1から打っていたら時間がかかるので、非常に便利なプラグインです。

さきのアイコン画像さき

AddQuicktagは、クラシックエディターを利用している方向けのプラグインになります!

今回の記事では、AddQuicktagの設定方法と使い方について解説していきます。

⬇︎すきな項目に飛べます

AddQuicktagの設定方法

AddQuicktagの設定や使い方については、こちらの動画でも詳しく解説しています↓

さきのアイコン画像さき

まずは、AddQuicktagをインストールしましょう

STEP
AddQuicktagのインストール

プラグインの新規追加画面から、AddQuicktagをインストールします。

検索窓から打ち込むとこのようなプラグインが出てくるので、『インストール』→『有効化』してください。

STEP
設定画面に進む

インストールして有効化すると、『設定』→『AddQuicktag』の項目が出てきます。

『AddQuicktag』をクリックして、設定画面に進みます。

STEP
タグを設定する

タグを設定していきます。

今回は、

<span class=”marker_orange”></span>

というタグを設定していきます。

ボタンの名前を設定する

まずは、左端にボタンの名前を設定します。

『オレンジのマーカー』と設定しました。

開始タグを設定する

次に、開始タグを設定します。

今回のタグでは、『<span class=”marker_orange”>』の部分が開始タグになります。

終了タグを設定する

次に、終了タグを設定します。

今回のタグでは、『</span>』の部分が終了タグになります。

チェックを入れる

最後に1番右側のチェック欄にチェックを入れると、全てのチェック欄にチェックが入ります。

チェックをしたら『変更を保存』すれば設定が完了です。

STEP
設定完了

『変更を保存』をクリックすると、このような画面になれば設定は完了です。

タグを削除する

タグを削除するには、全ての項目を空白にして、チェックを入れて『変更を保存』すれば完了です。

AddQuicktagの使い方

さきのアイコン画像さき

クラシックエディターでAddQuicktagを実際に使ってみましょう

ブロックエディターの場合はHTMLタグをいじる必要がないので、AddQuicktagは基本的に必要ありません。

STEP
AddQuicktagタグを呼び出す

クラシックエディターのビジュアル画面に、このようにAddQuicktagの項目画面が出てきます。

今回はここは使用しませんが、タグではなくURLなどをタグとして設定している場合には、ここをクリックすることで設定したURLをコピーすることも可能です。

STEP
開始タグと終了タグを使う

テキストエディターに切り替えます。

今回は先ほど設定した、オレンジのマーカーのタグを使うため、オレンジのマーカー色をつける文字を打ちます。

あいうえお

と入力しました。

開始タグを設定する

オレンジのマーカーをつけたい文字の前に開始タグを設定します。

タグを入れたい場所にカーソルを合わせて『オレンジマーカー』と書いてあるボタンをクリックすれば、自動的に開始タグが設定されます。

終了タグを設定する

『あいうえお』の後ろにカーソルを合わせたまま、もう1度『オレンジのマーカー』と書いてあるボタンをクリックすれば、今度は自動的に終了タグが設定されます。

STEP
プレビューで確認して完了

プレビューで確認してみると、先ほどタグをつけた場所にオレンジのマーカーが引かれています↓

AddQuicktagが反映されない時の対処法

AddQuicktagを設定したのに反映されない!

さきのアイコン画像さき

そんな時は、以下の項目を確認してみてください

  • チェックの入れ忘れ
  • ビジュアルエディターでは反映しない場合もある
  • CSSにコードを追加していない
  • ワードプレスを最新版にアップデートする

チェックの入れ忘れ

先ほどタグを設定する際に、1番右側のチェック欄にチェックしてくださいと説明しました。

この右端のチェック欄にチェックを入れないと、正しく作動しないことがあります。

設定したタグが反映しない時は、もう一度チェックを入れて『変更を保存』してください。

ビジュアルエディターでは反映しないことも

設定したタグが記事装飾のタグの場合は、ワードプレスのテーマによってはビジュアルエディターで反映しない場合があります。

例えば先ほどのオレンジのマーカーも、ビジュアルエディターでは反映されていません。

ビジュアルエディターで反映されない場合は、プレビューを確認することで反映されているケースもあります。

CSSにコードを追加していない

AddQuicktagにタグを入力する場合は、CSSにコードを追加しないとそもそも反映されません!

さきのアイコン画像さき

タグを入力しただけでは正しく機能しません!

必ず追加CSSなどからCSSコードを追加してからタグを設定してください。

ワードプレスを最新版にアップデートする

上記のことを試してもAddQuicktagが反映しない場合は、ワードプレスを最新版にアップデートしてみてください。

さきのアイコン画像さき

ワードプレスのアップデートの際は、必ずバックアップを取っておいてくださいね!

バックアップの方法はこちらの記事で解説しています↓

ブロックエディターの人におすすめのクイックプラグイン

ブロックエディターの場合は、基本的にテキストエディターでタグを入力する必要がなく、感覚的に使えるため、AddQuicktagのようなタグプラグインは必要ありません。

さきのアイコン画像さき

毎回使用するURLなどはすぐに呼び出せるようにしておく方が楽ですよね!

そんな時に使えるのが、『Pretty Links』というプラグインです。

『Pretty Links』を使うと、一度登録したリンクを簡単に呼び出すことができます。

『Pretty Links』の使い方についてはこちらの記事で解説しています↓

まとめ

今回の記事では、ワードプレスでタグを素早く入力できるプラグイン『AddQuicktag』の設定方法や使い方について解説しました。

クラシックエディターを使う場合には非常に便利なプラグインなので、ぜひ最初に設定しておくことをおすすめします!

さきのアイコン画像さき

作業がかなり効率化しますよ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

コメント

コメントする

⬇︎すきな項目に飛べます
閉じる